読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスタルジーに惑わされるな

インドに恋した女がバイリンガルになるまでの道のり

【カンボジア2日目】トム〜タプロム〜ベンメリア

アンコールワットでヘトヘトな私たち。この時点でまだ10時とか。先が思いやられる…

 

大してエアコンも効いてないバスに乗って次の目的地までしばし休憩。と思いきや何やら石像が見えてきた。と同時に聞こえる声。

 

「止まるなよ、止まるなよ…!」

 

実際わたしも お願いやから通り過ぎて!!と願ってました。笑

 

あっという間にアンコールトムへ到着です。笑

 

f:id:no3100:20170514225001j:image

 

f:id:no3100:20170514225024j:image

 

f:id:no3100:20170514225050j:image

 

ごめんなさい、暑すぎて疲れすぎて覚えてないです。爆  写真を見返しても、この写真はどこ?状態( ;∀;)

 

で、再びバスに乗ってタプロームへ。

 

 f:id:no3100:20170514225248j:image

 

インド発見♡

 

ワットとトムでひたすら石を見て飽きてきてたのでタプロームは楽しかった!!

 

f:id:no3100:20170514225359j:image

 

f:id:no3100:20170514225412j:image

 

f:id:no3100:20170514225427j:image

 

圧巻。遺跡に絡みつくガジュマルからカンボジアの歴史を感じる。ガイドさんの超絶iPhoneテクニックが炸裂(大げさ)して感動しました。巨大なガジュマルを上手く写真に収めるにはパノラマを使えばいいらしい!気付かなかった…!

 

f:id:no3100:20170514225629j:image

 

こんな感じで。笑

 

タプロームを満喫した後はランチ!アモックを食べさせてくれるらしい。ついた先はまさかの宿泊するか迷ってたタケオゲストハウス。日本人宿でした。

 

f:id:no3100:20170514225810j:image 

f:id:no3100:20170514225844j:image

 

で、アンコールクッキーのお店に立ち寄りました。お土産にはやっぱりアンコールクッキーだな!と思ってたからちょうどよかった(^○^)

 

f:id:no3100:20170514230002j:image

 

そしてやっと最終目的地ベンメリアへ!!やっと車内で居眠りできました!笑

 

寝てる最中なんかうるさいなーと思って目を覚ますとスコール!天気予報は3日間雨マークだったんですが、幸い移動中に降って止んでくれたのでよかったです。

 

ちょっと寝て体力回復した頃にベンメリア到着!!本当に崩壊してた。

 

f:id:no3100:20170514230248j:image

f:id:no3100:20170514230304j:image

f:id:no3100:20170514230318j:image

f:id:no3100:20170514230330j:image

 

意味わからんくらい崩壊してる。これが観光地として人気急上昇中って不思議。なんでこんなに壊れてるの?なんでこのまま放置してるの?なんでこの状態なのに人気なの?…とわたしには疑問だらけでした。笑

 

修復に向けて、石のひとつひとつに番号が記されてたけどこの転がってる石を使ってまた元に戻す作業は大変だろうな。ていうかこれが元に戻ったとして観光地として集客率はどうなるのかなーなんていろいろ気になります。

 

この後夕日を見るスケジュールだったみたいですが(すっかり忘れてた)、ガイドさんのまさかの言葉。

 

「さっき雨降ったしたぶん夕日見れないと思います。みなさんどうします?」

 

行っても意味ないと思うしやめとこうよ〜と言いたげなガイドさん。みんな疲れてるし当然のごとく中止。笑 ゆるい。笑

 

ということで最後は宿まで送ってもらい、12時間以上に及ぶツアーが終了しました。

 

ガイドさん日本語お上手でとってもいい人でした!カンボジアと周辺国との関係性とか興味深いお話たくさんしてくれたし写真もいっぱい撮ってくれたし、楽しめました〜♡ 最後写真いっしょに撮りたかったけどタイミング逃した…残念すぎる。

 

f:id:no3100:20170514231059j:image

 

まるで象に話しかけているよう。笑

 

ツアーはなんか楽してる気がして好きじゃなかったけど、やっぱり楽な方がいいな。笑 安心安全だし。これからぼちぼち使っていこう(^○^)

 

カンボジア旅行記まだまだ続きます!たぶん。